ボディコーティングも当社にお任せください!

お客様の大切なお車のボディを保護します。

お問合せはこちら

ボディコーティングについて

ガラスの被膜をボディにコーティングすることで、撥水効果が生まれます。水アカ汚れなどを防ぎます。

カーコーティングとは、車の塗装の上に油脂や樹脂やガラスなどの成分でコート(覆う)することです。
塗装されたそのままの状態では傷や汚れが付着しやすい上に、紫外線によって塗装が劣化する恐れがあります。
カーコーティングで作られる被膜が外部からのダメージを代わりに受けることで、車の塗装をキレイな状態に保つことができます。

ボディコーティングの種類

お客様のご要望に合わせてご提案致します。

【撥水(はっすい)性】
水をはじくため、汚れが残りにくいのが特長です。

【親水(しんすい)性】
水玉になりにくいため、撥水性より水玉模様の汚れが残りにくいのが特長です。

ボディコーティング施工の流れ

01

ボディの洗車

ボディを洗車します。

02

ボディ磨き

ボディを磨きコーティングの下地を整えます。

03

コーティング剤の塗布

コーティング剤を塗布します。

04

乾燥・磨き

乾燥させ、ボディにツヤを出すため磨きます。

05

最終確認・完成

プロスタッフが最終確認をして、コーティング完了となります。

コーティングおすすめ理由

1.洗車が楽になる
コーティングをすると、コーティングの膜でボディが滑りやすくなり、付いた汚れが落ちやすくなります。軽い洗車でも汚れが落ちやすくなりこびり付いた汚れをゴシゴシ落とす必要がなくなるため、洗車が楽になります。あまり洗車をしたくない方にもおすすめです。

2.傷から車を守る
車は乗っているうちに飛び石や、ドアノブ周りの小傷などが自然と付いてしまいます。車を膜(コーティング)で包むことで車に薄い膜ができ、愛車を傷から守ることができます。

3.雨染みをつきにくくする
車につく雨による白いシミ(雨染み)をつきにくくします。 雨染は雨水に含まれているミネラルや小さな埃で細かい「油」などがまざった状態の汚れです。放置すると取れにくくなるやっかいな代物です。

4.車を色あせから守る
コーティングは車の塗装の代わりとなり本体の塗装を守ります。車は紫外線の影響で色の結合が破壊され本来の色が出なくなります。特に濃い色の車(赤、青、黒など)の場合、紫外線に当たり続けると色とツヤがなくなり色あせてきます。

5.車を売るとき査定が上がる
色あせがなく傷も少ない状態ですので売却時に査定額が上がります。コーティング施工すると市場に出す前の磨き作業や、細部の清掃作業などが省け結果的に査定が上がります。

商品やサービスに関するお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。

赤保木自動車ではお客様のご相談や質問に丁寧に対応いたします。商品やサービスに関するお問合わせ等、どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご相談・お見積りのご依頼はお気軽にどうぞ

Tel.0577-34-7936

営業時間 8:30~17:30 
定休日:月曜日、年末年始